カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

 

アイアン雑貨夢楽に行き着くまで

私は長い間、サラリーマンをしていました。趣味で盆景や苔玉を作っており、その様な物を飾る壁掛けや置き台が出来ないものかと思い針金で色々と作り始めました。作っては人にプレゼントをし、又、作ってはプレゼントをしてる間に、どんどんエスカレートをして材料も平鉄や丸棒、L材、パイプ等々使用する様になり、当然ながらそれらを加工する為に、溶接機や高速カッターグラインダーまで揃える始末でした。作品も小物から2m位の大物まで作る様になり、100個位作った頃、昔、痛めていた膝が悪化してしまい、今まで勤めていた会社を退職しようと思った時、その会社の仲間が退職後の心配をしてくれ、「木村さんはアイアン作りが上手なのだから、家で気ままにアイアンを作って、それを販売してみては?」と促されて、私もその後は考えていなかった為、すすめられるままに流れに乗ってしまいました。 私が心を決めると仲間たちは、名刺やビラを作ってくれる人たち、商品作りや冶具作りを協力してくれる人たち、材料の仕入れ先から塗装屋の手配までお世話になってしまいました。その内に販売の段になると私の次女が「今時は、インターネットを活用しなくてはダメだよ!」と言い、アイアン雑貨夢楽のHPを作成してくれました 。夢楽が動き出すまでには多くの人達の協力があっての賜物と思っております。この先も感謝の心を忘れずに精進していきたいと思っております。

又、アイアン雑貨夢楽を始めて思いました。自己流ではありますが、油絵や水彩画やクロッキーを、若い時にやっており、彫刻にも少々、手を出し、仕事では冶具や金型製作に携わり、金属加工にも携わっていた為、アイアン制作に対して、デザイン、設計、制作に至るまでスムーズに行えた事は過去の経験を総て生かす事が出来たからです。人生の経験は無駄なものはないと思っている次第です。

ページトップへ